まつ毛美容液

まつげ美容液って効果はあるの?ホントのところを調べてみました

投稿日:

今、楽天やAmazonなどで「まつげ美容液」と商品を検索してみるといろいろなまつ毛ケアの商品がヒットします。
市場では、100商品以上のまつ毛美容液が販売されているのだそうです。

販売されている商品のキャッチコピーを見てみると、「まつげを長く!」「まつげのハリをアップ!」「まつげの育毛」なんて書かれています。
でも、「まつげ美容液」使うことで、実際にどんな効果を期待できるのが知りたいところですよね。
どうせ使うならば、きるだけ効果が高い「まつ毛美容液」を選んで使いたいと思いますよね。

こちらの記事では、
「まつ毛エクステを続けていたら自まつ毛がボロボロになってしまったので、健康な自まつ毛に育てたい!」
「ビューラを使うたびにまつ毛が抜けたり、、以前より短くスカスカになってしまったまつ毛を守る商品でケアしたい!」
といったような、【これからまつ毛美容液を購入しようと考えている方】のまつ毛美容液選びの参考になればと思います。

長くてフサフサのまつ毛が欲しい!

外国人の長くてフサフサのまつ毛はすっぴんでも目元が華やかでうらやましいと誰しも思ったことがあるのではないでしょうか。

統計で比較してみても、日本人のまつ毛は、やはり欧米人のまつ毛に比べて、短くて、細くて、下向きで、少ないそうです。

目元はパッと見た時に与える顔の印象で重要な部分です。
その目元にあるまつ毛が1ミリでも伸びるとそれだけで魅力がアップし華やかな印象になります。

マツエクやつけまつ毛で顔の印象ががらりと変わることを実感した人は特に、自まつ毛が少しでも長くフサフサになったら…という気持ちが強くなるのだと思います。

そんなこともあり今、まつ毛美容液がこれだけ人気の商品となっているのでしょう。

まつ毛用発毛剤ってあるの?

毛を生やすための商品というと、まず一番に思いつくのが頭髪のための発毛や育毛商品です。

同じ毛なら、毛の生える仕組みは同じではないかと思って、頭の毛の育毛や発毛に効果のある商品をまつ毛につけたら良いんじゃないの?って
思いますよね。

頭髪用の育毛剤に使用されている有効成分の「ミノキシジル」や「プロペシア」などは、刺激が大変強い成分です。
なので、敏感な目元にまつ毛の育毛目的で目の周りに使うことはできません。

誤って目の粘膜に付着してしまった場合、大きなトラブルが発生する恐れがあるからです。
そのため、頭髪用の育毛成分を「まつ毛美容液」に使用することはできません。

まつ毛用美容液で「まつ毛を生やす」ことはできない

ネットでまつ毛美容液を調べていると、時々、投稿されている口コミの中に「まつ毛美容液でまつ毛が生えて、増えてた」と言う書き込みも目にします。

ですが、まつ毛美容液の成分や特性からみるとまつ毛が生えていないところから生えて増えるというのは間違いです。

「まつ毛美容液」は、そもそもまつ毛一本一本が健康になることで、より太く、より長くなる、という効果を実感できるという考え方の商品です。
言い方を変えると、まつ毛を育てる「まつげの育毛剤」という考え方がしっくりくるのではないでしょうか。
あくまで「まつげの発毛剤」ではないのです。

まつ毛の生え変わるサイクルはどれくらい?

まつ毛を育てるには、まつ毛の生え変わりの周期について理解しておく必要があります。
個人差こそありますが、まつ毛は通常3ヶ月から4ヶ月にかけて自然に抜けて生え変わります。

「40日間の成長期」→「15日間の退行期」→「約60日~90日にかけて次の毛が生えるまでの休止期」というサイクルを繰り返します。

このサイクルが正常に作用することで、まつ毛が健康に育ち、、まつ毛が抜けにくくなることで、まつ毛の寿命がのび、より長くより増えたように感じられるという効果があります。

まつ毛も年齢とともに薄毛になるってホント?

実は、まつ毛も頭髪と同じように、年齢とともに一本一本が細く、また本数自体も少なくなっていくんです。

お肌のエイジングケアと同様に、まつ毛のケアを何もしないでいると、まつ毛もどんどん衰えていくことになってしまいます。

最近、まつ毛が抜けやすくなってきたかな?とかマスカラのつきが良くない・・・といったような悩みは、実は年齢を重ねたせいなのかもしれません。

個人差はありますが、平均して30代半ばからその傾向を感じるようです。
対策としては、お肌のケア同様にまつげのケアも早めに取り入れ手上げるのが効果的です。

まつ毛美容液を選ぶためのポイント

それでは、しっかりまつ毛が長く太くなる美容液はどのようなポイントを押さえて選べばいいのか解説します。

大きくは2つのポイントがあります。

一つ目は、「まつ毛のキューティクルの補修し、しっかり保湿ができる成分が入っているか」
二つ目は、「まつげの育毛効果のある成分が配合されているか」ということです。

まつ毛が生え変わる寿命を最大限に伸ばすことで、今生えている毛を長く残すことができます。
そのための商品を選ぶと良いでしょう。

また、敏感で刺激に弱い目の近くに使うものです。
なので、体に良くない成分や刺激の強い成分が入っていないかどうかも重要なチェックポイントです。

お値段も100円ショップで手に入るプチプラなものから数万円のものまで、どれにしようか迷ってしまうくらい豊富に販売されています。
しかし、まつげ美容液に関して言えば、製品の効果が価格と必ずしも比例している訳ではないようで、「高ければ高いほどいい」ということでもなさそうです。

また、効果を実感するには、ある程度の期間使用しないとならないので、安心できる成分なのかや使い続けることができる価格かどうかもまつ毛美容液選びのポイントだと思います。

-まつ毛美容液
-

Copyright© 人気のまつ毛美容液 , 2018 All Rights Reserved.